大泉バプテスト教会の歴史

1963年2月、米国バプテスト教会からの支援を得て、現在の地に新会堂と牧師館が竣工、同年3月3日第一回主日礼拝が行われました。
初代牧師副田正義夫妻により、開拓伝道がスタートします。

1968年、6月教会組織会議をへて、同年8月に日本バプテスト連盟に加盟して以来、2代目牧師原田信一師(1980~1983)、3代目牧師松村誠一師(1985~2007)、4代目牧師木村一充師(2009~)が 牧師として奉職し、現在に至っています。

牧師

木村一充 牧師

1958年生まれ。香川県出身。地元の高校卒業後、大学進学のため上京。大学卒業後牧師となるため西南学院大学神学部に入学。1984年より神戸バプテスト教会副牧師、1988年に大泉バプテスト教会協力牧師となり、2008年12月より当教会主任牧師を勤める。趣味は囲碁。

教会に初めて行くということは、案外不安で勇気のいることだと思います。「私のような者が行っていいのだろうか、何もキリスト教のこと知らないし」と思われるかもしれません。でも、どうぞ安心して足をお運び下さい。教会は実は、私たちが「行く」ところというよりは、「帰る」ところなのです。何故かと言えば、私たちは皆、神様によって造られ、愛されている存在なのですから。日曜日、ご一緒に神さまの恵みを頂いて一週間をスタートしませんか?

主事

大野夏希 主事

1984年生まれ。東京都出身。ルーテル学院大学社会福祉学科卒。社会福祉士。
ソーシャルワーカーの仕事を経て、2013年東京バプテスト神学校に入学、2019年卒業。同年4月より当教会の教会主事を勤める。趣味は自然散策、ヨガ。

私たちは、24時間自分を理解してくれる人と一緒にいることはできません。仮にいたとしても100%理解してもらえるわけではなく、時にはすれ違ったり傷つけあったりしてしまいます。
一人でいても大勢に囲まれていても、孤独に呻く私たちに、イエス・キリストはどんな時もともにいて、語り合ってくださいます。教会は、そんな神の御子キリストと出会う場所です。
どなたでもお気軽に足をお運びください。お待ちしています。

教会墓地

武蔵野霊園(埼玉県入間郡毛呂山町)に教会墓地があります。